ハーメルン
Vの者!~挨拶はこんばん山月!~
【初配信】はじめまして!茨木夢美です!!

 茨木夢美にとってバーチャルライバーは憧れの存在だった。
 にじライブ二期生である〝白鳥(しらとり)まひる〟それこそ彼女の憧れのライバーだった。
 にじライブの中でも、竹取かぐやに次いで二番目にチャンネル登録者数の多いまひるは、とにかく明るく元気さが売りなライバーだ。
 白銀の髪をサイドテールにまとめた幼い外見をしている彼女は話し方も子供っぽく、かぐやと同じ高校生という設定が逆の意味で疑われるほどだ。
 配信内容はゲーム配信が主で、たまに雑談をやったりしているが、ゲーム配信では悉く不憫な目にあって悲鳴を上げている様子が切り抜き動画で上がっている。

『こんまひ、こんまひ! こんまひー! どうも、白鳥まひるです!』

 まひる三段活用と言われる挨拶は、夢美にとって聞いているだけで元気になれる活力源とも言えるものだ。
 ライバーとしてのデビューが決まり、夢美は夢を見ているような気持ちだった。
 もらったイラストは自分も好きな有名イラストレーターのもので、設定画をもらった時点で夢美は部屋の中で一人狂気乱舞していた。
 どんな設定にしようかな。どんな風に配信していこうかな。
 そんな風にドキドキとワクワクが止まらなかった。
 結局どういう方針でやっていくかにあたり、夢美は自分が憧れたまひるを真似ることにした。
 こんな可愛くてみんなに愛されるライバーになりたい。
 夢美は何度もまひるの配信のアーカイブを見返した。

「あー、あー……あ、あ、あー……うん、声の高さはこんな感じかな」

 入念にチューニングを繰り返していた夢美はU-tubeの通知が来ていることに気がつく。

「あっ、レオの初配信もう始まってた」

 新しく作成した〝茨木夢美-Ibaragi Yumi-〟のチャンネルには登録したにじライブ所属のライバーのチャンネルが表示されている。
 現在配信しているのは、レオのチャンネルのみだ。新人のデビューに辺り、時間が被らないように先輩達は気を使っていたのだ。

『まあ、そんな傲慢な態度で生きていたため、とうとうライオンになっちゃいまして……。現在は人間に戻るために謙虚な姿勢で歌配信をメインに活動していき、いつかは武道館で歌うことが夢です』

[七 つ の 大 罪]
[ライオン・シンの獅子島レオ]
[そうきたかwww]
[ライオンになっちゃいまして、というパワーワード]
[やはり貴様もにじライブか……]

「おー盛り上がってる盛り上がってる」

 お通夜のような空気になっていたらどうしようと思っていたが、配信は絶賛盛り上がっているようで、夢美はほっと胸を撫で下ろした。
 幼馴染という設定でデビューすることになった元アイドル獅子島レオ。陽キャやリア充が嫌いな夢美にしては珍しく、彼は関わって嫌な気持ちにならないイケメンだった。

「地元も同じだしやっぱ同小かねぇ」

 小学校の頃など碌な思い出がない夢美にとって、わざわざ実家に帰ってアルバムを漁るような真似はする気が起きなかった。
 どのみち面識はないから初対面と変わらん。
 そう結論付けた夢美は再びレオの配信を見ることにした。

『オーディション受かったときに、俺の生い立ちが山月記の李徴と似てるって話になったんですよ。そしたら担当の人が『では、山月李徴という名前で挨拶は『袁傪のみんなー、こんばん山月ー!』という感じでいきましょう』て言いだして……』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析