ハーメルン
始原の精霊は隠居していたい
私/ボクはこの世界で何を成す

決まっている

何も成さない

観測者に徹するのみ

本当に、本当に大変な時だけは関わりを持とう。
それ以外は基本、他人の人生を観測/謳歌する




決まっている

死に場所を。
誰一人として巻き込まない死に方を。

誰一人として悲しませないのはできない。

ならば、だれもが納得のする死に方を。




生きる意味を見出せないのだから、ボクの終着点は死のみだ
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析