ハーメルン
始原の精霊は隠居していたい
災厄の来訪

アレから、100年経った。

けど未だに私の景色は変わりはしない。

強引に出ようにも、超位魔法の力には抗えない。

さてはて、私を此処から出してくれる救世主は現れるのだろうか。

アイツは死んだ。多分。

だから、もう死ぬほどつまらないこの静止画をずっと見続けている。

苦痛でしかない。何も面白くない。


早く私を此処から出してくれ。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析