ハーメルン
始原の精霊は隠居していたい
仲間との邂逅

感想・評価ありがとうございます。おかげでモチベ⤴️⤴️です。
読んでくれている皆さんへ感謝を



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


やっほうモモンガ久しぶり。100年ちょいぶりかな?あ、声(心の声)聞こえないか。

ねえ私目が開いてるでしょちゃんと見えてんのよコレ。喋れないけど。

だから君が今色々困惑してんのも見えてるし君たちが話してることも全部聞こえてるZE☆黒歴史量産機さん!

おっと口が滑った。

さてはてどうやって気付いてもらおう。

でも超位魔法に勝てる術がないんだよなぁ。世界級(ワールド)アイテムも無いし。てか、この状況打破できるものじゃ無いし。アレ、ただの盾だし。

……モモンガやパチェが私をどうしても必要だと思うまでは無理じゃね?


あれ?
コレ詰んでます?


あ待ってモモンガさんモモンガ様!帰らないでそれとパチェも追い返さないで!頼むから!フリーーーーーズ!モモンガ!凍ってんの私だけどさ!
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析