ハーメルン
始原の精霊は隠居していたい
やりすぎはサプライズとは言わない

さてはて、私の現状を確認しよう

種族レベルダウン、それに伴うステータスの低下。
流れ星の指輪(シューティング・スター)』は一つ使い切ってしまってもう一つは使用回数残り1回。残り二つはフルで使える。

世界級アイテムの盾は未だ健在。

で、その他職業の熟練度もといレベルもダウン。
今の私はレベルが80と。
いくつか使えてたはずの特殊技術(スキル)も、名前はあるけれど使用不可と。

参った参った。

何がやばいって、根元の精霊種とトントンどころかなんなら低い。

レベル上げ正直めんどくさいんだよなぁ。

仲間はと言うと、パチェが生み出していた下位、中位、上位の精霊がそこそこ。6:3:1の割合で、総合計50体近く。よーやったねほんと。
日の使用回数に制限があるアイテムを惜しみなく、使ってた結果。

いやぁ良くやったよ。集めるだけ集めてた神器級アイテムの中から良くぞ使えるものを探し出した。

にしてもレベルダウンかぁ……
『流れ星の指輪』でどうにかなるかな?

パチェに聞いてから試してみるか。
最悪モモンガに頼めばなんとかしてくれる気はする。

パンドラを引き合いに出したら嫌でもやるだろアイツ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析