ハーメルン
俺と言う名のサイヤ人 リメイク
第1話 時を渡ったサイヤ人

「へぇ~、ラカノンはサイヤ人ちゅうんか。んでオラはそのバーダックってやつの息子って訳か・・・」

「悟空さにもおっとうは居ると思ってはいただが・・・それがまさか宇宙人だなんてなぁ」

「俺も正直驚いている、まさかバーダックの倅であるカカロットが俺と同じくらいの歳でこうして話しているんだからな。しかもさっき地球に送ったばっかだんたんだが・・・」

ラカノンは驚きを隠せない。さっき送ったばっかのカカロット、孫悟空がまさか自分と同じくらいの歳でしかも結婚までしているではないか。

「もしかしてカカロット、お前小さい頃に頭でも打ったか?」

「あ~、悪いんだけどそのカカロットってのやめてくんねぇかな?オラは地球で育ったかんな、孫悟空っていう名前があるからそっちで呼んでほしい」

「あぁすまん、確かにカカロットって呼ぶのもあれだな。悪かったよ悟空」

「気にすんな!それにオラが宇宙人って知れたのもラカノンのおかげだかんな。良かったらでいいんだけどラカノンの話も聞かせてくんねぇか?」

「確かに!オラも気になるべラカノンさん!」

それを聞いてラカノンはポツリポツリと話始める。
サイヤ人の事、惑星ベジータの事、バーダックの事、そして宇宙の帝王フリーザの事・・・自分が住んでいたサイヤ人の集落の事や悟空の母親の事。
自分の故郷の事を話していたラカノンはとても楽しそうであった。

「星1つを片手で滅ぼしてしまうなんて・・・」

「フリーザか・・・そいつがオラ達サイヤ人の惑星を滅ぼしちまったんだな」

「あぁ、俺は直前で気づけたがどうやらバーダックはもう少し前に気づいていたらしい。どうやって知ったのかは知らないがボロボロになったバーダックの後を追って俺たちはフリーザに殺されてしまったはずなんんだ」

悟空とチチは少し考え込んでしまう、少々現実味がないということも事実だが嘘を言っているようにも見えない。しかしラカノンが自分達には理解が出来ないほど悲しみに包まれていることは察することは感じとれた。

「確かに信じられないかもしれない、けどこれは事実なんだ・・・」

「ラカノンさん・・・」

「ん~・・・」

悟空は更に考えている、しかし決意をしたように立ってラカノンにあることを持ちかける。

「ラカノン!オラと一緒にフリーザって奴を倒そうぜ!」

「え?悟空・・・と?」

「な、何言っているだ悟空さ!ピッコロ大魔王も倒してやっと地球に平和が訪れたんだぞ?!」

チチは悟空が言ったことに対してかなり否定的となっている、しかし悟空の決心は揺るがない。慌てているチチは宥めて真っ直ぐにラカノンの事を見てハッキリと告げる。

「だってよぉチチ、ラカノンの話を聞いてオラ思っちまったんだ。世の中には、宇宙にはもっと強え奴がいるって!」

悟空は目をキラキラさせながら話を続ける。

「確かにフリーザは相当強えんだと思う、それこそオラが考え付かない程に。気を感じ取って分かった、ラカノンは今のオラよりずっと強え。そのラカノンが、オラの父ちゃんが手も足も出なかった。オラはそいつと戦ってみてぇ」

「「悟空(さ)・・・」」

「けど今のオラじゃ手も足も出ねぇで殺されちまうんだと思う。だったらオラとラカノンで一緒に鍛えるってのはいい考えじゃねぇか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析