ハーメルン
無職転生 アイシャAfter
アイシャAfter⑥ルイジェルドとノルン

「では、はじめ!」

シャリーアの郊外。
ふたりの男性が向かい合っている。

合図をかけたのは燃えるような赤髪の女性――エリス・グレイラットだ。

向かい合う男性の片方はそのエリスの息子、赤髪の青年、アルス・グレイラット。
木剣を手に中段に構えている。

もう片方の男性は緑髪。ルイジェルド・スペルディア。
身の丈ほどの木の棒を油断なく構えアルスの様子をうかがっている。

「ガアァァッ!」

先に動いたのはアルスだった。
咆哮と共に弾け飛ぶようにルイジェルドに襲い掛かる。

がっ!

叩きつけられた木剣を木の棒が受け止め、木が悲鳴を上げる。

「……ふっ!」

ルイジェルドが力を込めてアルスを弾き返す。
アルスは押された勢いに逆らわず数メートルの距離を開けたところに着地。


――と、アルスが片手を地面につく。

「はっ!!」

瞬間。
ルイジェルドの周囲3メートルほどを囲むように地面から石柱が伸びる。その数、7本。
更にアルス自身の足元からも石柱が伸び、アルスを天に運ぶ。

ストーンピラー。
土魔術を無詠唱で行使したのだ。

高さ5メートルほどになった石柱から飛び降りるかのように木剣を手に飛ぶアルス。

迎撃しようとルイジェルドが棒を構え――眉をひそめた。

アルスが左手をかざすと、アルスの軌道が大きくそれたのだ。
そのままアルスはルイジェルドの周囲に伸びた石柱の側面に着地。

今度は無詠唱での風魔術。

たっ! たっ! たっ!

石柱から石柱へ、右へ左へ、ムササビのごとくに飛び回るアルス。
ルイジェルドは最小限の動きで体を回し、アルスの姿を視界に収めている。

「でぇぇぇい!」

左右の動きから、突如上下へ。
アルスは木剣を大きく振りかぶると、ルイジェルドへ向けて急降下。

がきぃっ!

激しい衝突音。

ルイジェルドは少し体勢を崩し、アルスは――ルイジェルドから離れ地面と水平に吹き飛ばされる。
まともに受ければ棒がへし折れると判断したルイジェルドが、勢いを殺さず、攻撃を受けながらにして方向のみそらしたのだ。
結果、アルスは自らの勢いのままに真横に吹き飛び、やがて地面に接触しごろごろと転がる。

――と。

「壊!!」

アルスが叫ぶ。
その途端、ルイジェルドの周囲の全ての石柱の根本が爆発した。

「ぬ……!」

石柱が全て、ルイジェルドに向かって倒れてくる。

全ては避けられない。
咄嗟に判断したルイジェルドは、アルスに向かって走りつつ、その障害となる一本の石柱を棒を叩きつけ破壊した。
木の棒で石柱を破壊するルイジェルドの技量。

だが、その代償として全力で木の棒を振り切った体勢となった。

「!!」

その隙を逃さず、立ち上がったアルスが迫っていた。

「くっ!」

避けられない。
そう判断したルイジェルドはそのまま木の棒を地面に叩きつける。
反動で無理やり体勢を変えると、アルスに向かって片足を伸ばす。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析