ハーメルン
「君の名は。キルヒアイス」歴史の真実と芯の世界
つながり


 
 祭りが終わった後の宮水神社の鳥居から、宮水三葉は星空に向かって叫んだ。
「最高のイケメン男子に生まれ変わりますようにィ!!!」
「……はぁぁ……」
 背後で妹の宮水四葉が小学生には不似合いなほどに、深々とタメ息をついていた。岐阜県飛騨地方の山奥から見上げる銀河の星々はあざやかに燦めいていた。
 
 
 
 翌朝、宮水家の二階でジークフリード・キルヒアイスは目を覚ました。規則正しい軍隊生活のおかげで時刻は6時15分ちょうどだったけれど、寝ている布団の感触や見上げて見える天井が、まったく記憶にないものだった。
「………これは……いったい…」
 落ち着いて起き上がってみるものの、かなり動揺している。左手を顎にあてて様子を見るように周囲を確認した。寝ていたのはベッドでもタンクベッドでもなくて和布団だったし、少佐としての艦内の士官室で眠ったはずなのに、窓から陽光が差している。
「惑星表面上にいるのか…?」
 物音を立てないように窓際へ移動すると太陽を見上げた。
 コンコン…
 軽く窓ガラスを叩くと、耐圧ガラスではない民生向けの昔ながらのガラスのようで外と気圧の差があるとは思えないし、外は草木の緑が溢れていて、雀も飛んでいる。
「……いったい、どうなって……たしか、ティアマト星系へ向かっていたはず……眠っている間に連れ去られたにしては身体も拘束されていないし…」
 そう言って手に触れて、さらに大きな違和感を覚えた。
「この手……」
 ほっそりとした三葉の手だった。
「……この顔…」
 窓ガラスに映る顔も三葉の顔で、手で触れると、感覚があった。
「これは夢? ………夢にしては現実感がありすぎている……とにかく、ラインハルト様に連絡を取る方法を考えなければ…」
 自分の肉体のことより優先すべき事項があるので再び状況把握につとめる。もう一度、窓から空を見上げた。太陽がまぶしい。
「この空の色合い……大気がある……重力も、ほぼ1G……ティアマト星系にそんな惑星は……」
 銀河系のどこに自分がいるのか、わからない。室内を見渡すと、雑然と物が置かれた女性の部屋だった。
「武器になりそうなものは……ないか……」
 銃は当然としてナイフなども見つからなかった。仕方なく三葉が図工で使用していた彫刻刀を手にしておく。そっと静かに足音を立てず、部屋を出た。
「……木で作られた家か……」
 どんなに足音を忍ばせようとしても、古い木造住宅なので階段をおりると軋む。その音を聴いて台所にいた宮水一葉が顔を出した。
「めずらしい、えらい早く起きてきたんやね。そんなら台所を手伝ってな。まず、寝間着やのうて、制服に着替えなさい」
「………」
「返事は?」
「…は、はい…」
 彫刻刀を背中に隠して返事をして、とりあえず部屋に戻った。
「はぁぁ………あの老婦人は……この少女の家族………? そもそも私は、なぜ、この身体に……」
 疑問だらけだったけれど、ともかくは言われたとおりに着替えを試みる。
「………制服は、これか……幼年学校のようなものか……」
 ハンガーにスカートがかけられ、ブラウスとブラジャーは近くに落ちていた。目を閉じて寝間着を脱ぐと、手探りでブラジャーを着け、スカートとブラウスも身につけた。
「こんなものか……あとは靴下と髪を…」
 落ちていた靴下を履き、寝癖のついた髪を整えると、階下におりた。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/23

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析