ハーメルン
来禅高校のとある女子高生の日記
京乃クッキング

 ある場所。
 そこは──戦場だった。

 少女は闇雲になりながらも得物で敵と戦い、少年は少女の邪魔をしようとする他の敵を排除し、そしてひとときも気を緩めてはいけないとばかりに、瞬きさえもせずに血走った目を見開いて四方八方に目を配らせ、すぐに少女の方へと目を向ける。

「まだか……まだなのか……!」

 そう言って時を待つ少年。
 そして次の瞬間、少年はカッと目を見開いて大きく息を吸って叫んだ。

「今だ! 観月やれ!!!」
「い、いえっさー」

 返事を返しながら観月京乃は、火に直接当たったことで熱くなった鉄の塊の上にある黄色いものを、漆黒の得物でひっくり返した──







 時は少し(さかのぼ)る。




 休日の昼過ぎ。
 五河家に遊びに来ていた京乃はそわそわとしながら士道に話しかけた。

「……あの、五河君。その……ええと……」
「観月か……どうかしたのか?」
「だから、あの……」

 もじもじとした煮え切らない態度でいる京乃。
 何だ? 気付かない内に何かやらかしたのか? 

 考えてみるが特に何も思い当たらない。
 京乃は昼から五河家に遊びに来ていて、それで昼飯をご馳走して、同じく家に遊びに来ていた十香のゲームの遊び相手になってくれて、そのお礼にということで焼いた菓子を食べてもらい、そして十香はあいまいみーのトリオと遊びに出かけていったことにより、士道は京乃と二人きりとなったのだ。

 やはり、何一つとしておかしな点はない。
 だったら何なのだろうかと、士道がそこまで考えた後で、京乃は何かを決心したように拳を握り、キッと目を強めた。

「そ、その! ……わ、私に料理を教えてくれませんか!?」
「うん?」
「……えっと、その……前に言ってたやつ、です」
「ああ、そういえ……!?」

 そういえば前、家に来た時にそんな話をしたような気がするというのとともに、忘れかけていた感触を思い出した。
 すんごい柔らかかったあれ。
 ちゃんと下着を見につけていたのだろうか? それにしては……

「どうかしました?」

 観月に声をかけられ、士道は邪な考えを奥底にしまった。

「あ、いや……何でもない。そんなに凄いのは作れないが、それでもいいか?」
「い、五河君が凄くないなんてことないです! とても美味しいですから!」

 食い気味でこちらににじり寄ってくる京乃を見て、士道は少し嬉しくなった。
 理由は何であれど、自分の作った飯を褒められるのは嬉しいものだ。
 約束していたというのもあるし、上手く教えられるか分からないものの、士道は京乃の料理を見てみることにして頷いた。

「ありがとう、観月。それなら試しに何か作ってもらえるか? そうだな……、おにぎりとか?」
「おにぎり、ですか……?」

 頭の上にクエスチョンマークが出ている京乃を見て、士道は言い訳がましく言葉を連ねる。

「ば、馬鹿にしてる訳ではないぞ? 
 ただ基礎の基礎だから!」
「分かり、ました! 

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析