ハーメルン
来禅高校のとある女子高生の日記
狂三キラー 二日目

 五河家に拾われて暫く経った頃のこと。
 絶対的な存在だと信じていた親から捨てられたことで俺は絶望していた。
 五河家の父さんも母さんも俺によくしてくれていたが、それでも心の傷は完全に癒えることなく、俺は脱力感に苛まれながら暮らしていた。
 そんな時、俺はあいつに出会ったんだ。




「どうしたの? どうしてきみはひとりなの」

 家の近くの公園のベンチに座っていると、幼い声音で問いかけられた。
 声がする方に目をやると、そこには愛らしい少女が笑みを浮かべていた。
 はたからみれば、年相応の少女なのだが……俺はそんな少女にどこか違和感を覚えた。
 ただ少しの綻び。
 人の感情に敏感になっていた俺だったから気付いたのだろう違和感。
 ただ、そんな些細な違和感なんて今の俺にはどうでもいいことだった。

「どうしてきみはベンチでつまんなそうにしてるの? わたしとおはなししよーよ。いまならあめもあげるよ?」

 何で笑っているのか聞こうとして……やめた。
 駄目なんだ。喋ってしまえば、今後も関わる羽目になるかもしれない。
 どうせ、今日一日だけしか関わることのないやつだし、それならば、関わらない方がマシだ。……もう人に裏切られたくない。
 固く口を閉じる俺を見ても、少女は笑顔を浮かべるだけでこの場から動こうとしない。

 いったい何が楽しくて笑っているのか。あっちに行ってくれと彼女に視線を送るが、彼女は一向に気にしない。そればかりか、空いている隣の席に座ってきた。

「ねえ、きみはどこからきたの?  わたしはとなりまちからきたの。いえのちかくのこうえんもすきだけど、ここもすきだな」
「……」

 隣町なら滅多に来ないだろうと思いながらも、本当に楽しそうに話す彼女に対して、俺は口を開かない。
 そんな俺を見てか、さっきよりもちょっと困ったような顔をした少女は言葉を続けようとした。

「もうそろそろ帰るよ」

 少女の名前らしきものを呼ぶ大人の声がしたことが理由か、少女の一方的な会話は途切れることとなった。

「あれ、もうそんなじかんなんだ……」

 少ししゅんとした調子で、少女は呟く。

「ごめん、もうかえるじかんみたい。きょうはもうあえないけど、またこんどね」

 嬉しそうに大きく手を振って、少女は母親らしき人の元へと走っていった。
 今度も何も、こんなにもシカトし続けたのだからもう会いに来ないだろう。

 ……そう思って最後まで喋ることもなく、母親と帰る少女を目だけで追った。
 そろそろ、俺も帰る時間なのかと思いながら。



 その日だけと思っていた少女は、不思議なことに次の日も、その次の日も……毎日公園に来た。
 ……あんなに、嫌だという視線を送ったのを意にも介さずにだ。

「ここってゆうひみえるかな……? いえのちかくのこうえんはすっごくきれいにみえるんだ。いつかきみにもみせてあげたいな」

 そう言って、少女は今度遊びにおいでよと笑う。
 だが、俺は口を開かない。
 そうなると、決まって少女は悲しそうな顔をするのだ。そんな顔をするくらいなら、会いに来なければいいのにな。
 何だか心がむず痒くなるのを感じていると、少女がどこかへと走り去っていった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析