ハーメルン
来禅高校のとある女子高生の日記
四糸乃パペット 〜オリ主視点〜

5月10日 雨
今日、私は雨の中、とびきりの美少女と出会った。
海のような青のふわふわの髪と蒼玉(サファイア)のような瞳が印象的な、ウサギのフードつきの可愛いコートを被っている中学生くらいの、ちょうど琴里ちゃんと同じくらいの歳の子。
フランス人形のような、自分とは全くの別次元の存在なのではないかと疑ってしまうほどに端正な顔をしていて

いや、そこはあまり問題ではないのかな。
問題なのは、この子に夜刀神さんやあの子と同じようなナニカがあることであって。
そのことに気がついてしまった私は、知らず知らずの内に少女に接近しまっていた。焦りながらどうしようか考えていると、少女がパペットの口をパクパクと動かしながら、腹話術のように甲高い声を発しながら話しかけるものだから驚いてしまった。
あ、そうそう。こんなゴミ虫以下の存在である私がこんなに近づいてしまうと可哀想だから、急いで一定の距離をとっておいたら、パペットに体を揺らしながら笑われてしまった。
たまにノイズがかっているように言っている言葉が聞こえなかったが、そこは無視して少女、というかパペットと話をしてみたら、こんなことが分かった。

・少女の名前は四糸乃
・パペットの名前がよしのん
・よしのんは四糸乃を守る為に存在する?
・四糸乃は精神的に弱いので、いつもはよしのんにどんな行動をするか任せている
・この世界に来ると、びゅんびゅん飛んでいる人たちに攻撃される(しかし四糸乃には傷1つつくことはない)
・要約するとこの少女は別次元から来た存在らしい

纏めてみてなお頭が痛い。つまりどういうことなんだろう。四糸乃ちゃんは人じゃないんだよね?
ビームとかで攻撃されても傷ひとつつかないって可笑しいし、この世界に来るって言葉もこの世界以外があるってことを暗示しているのだし。
四糸乃ちゃん可愛いなー別次元の存在みたいだなーとは思ったけど、本当にそうだとは思わなかった。 混乱するけど、多分本当のことだろうし受け入れよう。そうだとすると、夜刀神さんに謎の攻撃が向かっていた理由も分かるし。

だとすると鳶一さんは夜刀神さんや四糸乃ちゃんの敵対組織に所属しているのだろうか?
だとしたら、いつも2人が喧嘩している理由も納得だな。ただ五河君を取り合っているだけなのかと思っていたけどそういう訳ではなさそうだ。

新しい情報はこんなものかな?
そこまで聞いたあとで、これ以上雨に濡れちゃうと風邪引くかもしれないから、四糸乃ちゃんを自分の家に招待し、体が冷えないようにホットミルクと、家にあったお菓子を四糸乃ちゃんにあげたら小さな声ではあるけど、幸せそうな顔で美味しいと言ってくれた。
自分が作った訳でもないし、自分が作った物を食べさせる訳には行かないから買ってきたお菓子をあげたけど、幸せそうな顔が見られて満足である。
それで、次は何しようなんかと考えていたら四糸乃ちゃんは部屋からいなくなってしまった。
四糸乃ちゃんはこの世界と他の世界を行き来できると言っていたから別にそのことは不思議ではないのだけど、それは何でなのかと考えた結果、彼女は私が嫌でいなくなったのだろうと言うことに気が付いた。
まあ私のような存在が好かれる訳がないと思っていたけど、なんかちょっと悲しいな。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析