ハーメルン
来禅高校のとある女子高生の日記
止まない雨

 あの人たちは私を攻撃してくる。
 みんなみんなどす黒い殺意を持って私を仕留めようとする。
 そうされるのは嫌で、私はその度に頭の中がぐちゃぐちゃになって、どうしようもなくあの人たちを××たくなってしまう。
 だけどあの人たちだって傷つくのは嫌だと思うし、きっと理由があって私を攻撃しているのだと思う。
 だから私はきっとあの人たちを攻撃してはいけない。
 それに私には“よしのん”がいるから大丈夫。
 あの人たちの痛い攻撃だって我慢出来る。

 そんなことを考えて左手についているパペット……よしのんを見ながら、四糸乃は一人雨の中を歩いている。
 さっきまでは周りに人がいたが、突然雨が降り始めたから近くの建物に雨宿りをしているのか、今では誰もいない。
 ASTは現れていない。四糸乃は何故だか分かっていないのだが、何にせよASTがいないこの状況が有りがたくて、よしのんと話しながら道を歩く。
 そして数分後、四糸乃とよしのんは違和感に気付き、歩みを止める。

『……んー? そこの可愛いおねーさんは誰かなー?』

 四糸乃たちの目の先には、電信柱に隠れている、16、7歳くらいの歳の少女がいた。
 四糸乃たちに見つかってしまった少女はばつが悪そうな顔をして、四糸乃たちから距離をとった。
 その行動の意味が分からずに、よしのんは目を丸くした(とはいっても元から丸いが)。

『おねーさん、どうしたのー?』
「いや、……なんとなく、近づいたらダメな気がしたので」

 少女の言葉を聞いた瞬間、よしのんは体を震わせて笑い出した。

『……あははっ! 何それおねーさん、変わってるねー!  名前なんて言うのー?』
「私……ですか? わ、私は京乃って言います」

 少女……京乃は、たどたどしく言葉を紡いだ。
 その言葉によしのんは耳を傾ける。

『へぇー、そうなんだ〜 京乃ちゃん? いい名前だね!  よしのんはよしのんって言うのっ! いい名前でしょー?』

 よしのんが明るくそういうと、京乃は嬉しそうに頬を染めた。

「あ……りがと、う。あなたの名前もいい名前だと、思います」
『いえいえ~
 あ、そうだ京乃ちゃん。今日はよしのんたちに攻撃してくる人たちいないみたいだし、お話しない?』
「よしのん……達?」
『そうそう! いつもは四糸乃とよしのんをチクチクと攻撃してくるイヤーな人たちがいるんだけど、今日はいないみたいなんだよねー 全くあのお姉さん達はよしのんの美貌に嫉妬でもしているのかな~? まあ、今日はよしのん達の邪魔はしてこないみたいだけどさっ!』

 そのよしのんが語った言葉の意味を考え、京乃は暫しの逡巡のち、四糸乃の頭に右手を置いた。

「この子が四糸乃ちゃんで……」

 そして、四糸乃に置いていた右手をよしのんの頭に乗せる。

「君がよしのんちゃん……?」
『うん! あ、もしかして京乃ちゃん分かんなかった?』
「うん、まあ……」
『もー、京乃ちゃんったら意外とぬけてるとこがあるのかな? 
 今度からはちゃんと覚えてよ〜? 
 あと、よしのんで良いよー
 ちゃんづけなんてくすぐったい!』
「うん、ごめんね。あと分かった」

 京乃は何かに勘付いたような顔をして、申し訳なさそうな声で謝ると、よしのんは仕方ないなぁ……という顔をした気がする。よしのんの顔自体は変わらないはずなのに、不思議なものだと京乃は心の中で思った。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析